活動日記
2014年6月23日
こんだて部 コーヒー教室

のうえんメンバーが立ち上げたサークル、「こんだて部」の活動が久しぶりに行われました!

s_0.jpg

今回はコーヒー教室。
こんだて部部長の知り合いのコーヒーの先生、鮫島先生をお招きして開催しました。この先生はコーヒーをもっと多くの人に楽しんでほしい!という考えのもと、「DIY COFFEE」というコンセプトで、生のコーヒー豆から自分の好みにコーヒーを煎り、ブレンドして飲む楽しさを伝えている方です。

s_2.jpg

生のコーヒー豆、はじめて見ました!
においを嗅ぐと、コーヒーというより、豆の青っぽいにおいがします。

s_1.jpg

この豆を、小鍋でふりながら、パチパチと音が鳴るまで煎ります。

s_3.jpg

10分くらいすると、色が茶色っぽくなって来たのがわかります。

s_4.jpg

煎る時間によって味も変わるそうです。
参加メンバーは交代でそれぞれの豆を煎り、ザルでさまして、豆の種類や煎る時間の違う6種類のコーヒー豆ができました!

s_5.jpg

こうやって並べると6種類とも全然色が違います。

s_6.jpg

先生曰く、煎る時間をはかり、試しながら自分の好きな味を探して行くのだそうです。

次はミルでコーヒー豆を挽きます。
ガリガリと豆を挽いた瞬間、サロンの中にコーヒーの香ばしい香りが充満!

s_7.jpg

s_8.jpg

コーヒー豆にお湯を注ぐと、ぷくぷくとふだんよりも大きく膨らみ、メンバーからのわーっという歓声が!!

s_10.jpg

このふくらみも煎りたての特徴だそうです。

s_9.jpg

s_11.jpg

それぞれの豆をブレンドせずに試飲してみると、酸味のあるものや、深い苦みがあるものなど、こんなにも違うのかと思うくらい豆の種類や煎る時間によって味は様々。

s_14.jpg

s_15.jpg

試飲をしているうちに、同時進行で作っていたビスコッティが出来上がりました!
甘く香ばしい香りがコーヒーによく合います。

s_12.jpg

ブレンドコーヒーも、組み合わせや割合によって全く味が変わりました。
お互いが作ったものを交換しながら、それぞれお気に入りのコーヒーを探して行きます。

s_13.jpg

奥の深いコーヒーを勉強しながら楽しい時間を共有出来る、素敵な休日となりました◎